議会報告ASSEMBLY REPORT

2012.02.23 カテゴリ:平成24年度 「総務警察委員会」

2月28日開会の平成24年2月定例会事前委員会に出席致しました。
21日(火曜日)には午後1時より第1委員会室において開会。議案について各部局より説明があり、その後質疑応答に入りました。
私も以下3点について発言致しました。
        1)「行政委員の委員報酬について」
県の非常勤職員である行政委員の報酬は、勤務実日数(月2~3日)の実態に対し、月額20万円程度支払われており、県民感情から見れば不合理、不公正の感が否めず、見直すべきではないか。

        2)「救急医療について」
奈良県の救急医療体制について、患者が病院に収容されるまでの所要時間が以前にもまして伸びており、全国で最下位状態から脱しきれない原因はどうなのか。
また、ドクターヘリの積極的な活用をもっとすべきではないか。





       3)「県職員の給与について」
公務員給与の引き下げが議論されている中、本県の職員給与について今後どのように考えているのか。
以上の内容で問題提起致しました。                          

前のページヘ戻る

メール
ご意見・お問い合わせ
岡しろう事務所

皆様方からのご意見ご要望をお待ちいたしております。